過去のお知らせ



平成30年1月号
事務局長 山口 和彦 

日毎に寒さが加わり、慌ただしく歳末を迎えますが、皆様如何お過ごしでしょうか。
先にお知らせいたしましたが、年末・年始は、12月29日から1月4日まで休みを頂きますので、ご理解のほどお願いいたします。
12月にガイドヘルパー養成研修を終え、新たにTOMOに登録された方もおられます。
新人のガイドの方々にも温かい目で見守って頂き、是非同行援護を活用して頂き、外出を楽しんで下さい。
また2月には、スキルアップ講習会を予定しております。
年末年始と皆様いろいろとお忙しいことと思いますが、建康に留意されて楽しいお正月をお過ごし下さい。 
今年一年、皆様方には大変お世話になりました。 
来年も宜しくお願いいたします。

【同行援護養成研修が開かれました】
研修会の写真1 研修会の写真2

◎年末・年始の業務について
年末・年始につきましては、以下の期間、事務所は休みとさせて頂きますのでご了承下さい。

【休業期間】
2017年12月29日(金) 〜 2018年1月4日(木)
1月5日(金)より平常通り業務を行います。
年末・年始中にガイド等で緊急に連絡をとりたい場合は、TOMOの緊急連絡先に電話して下さい。
【緊急連絡先、携帯電話】080−2382−3987
ガイドヘルパーの皆様へ
実績記録票は1月3日(水)必着でお願い致します。
年末・年始は通常より郵送の時間がかかりますので、終了しだい投函をお願い致します。
※12月のガイド料の支払いは26日(火)になります。ご確認下さい。

◎「勝手に歌唱会IN TOKYO OPERA CITY」
TOMOの利用者、柴谷様から「勝手に歌唱会IN TOKYO OPERA CITY」のご招待を頂きました。
日時 30年3月7日(水)12:30開場 13:00開演 16時30分終演予定
場所 東京オペラシティ B1 リサイタルホール 新宿区西新宿3丁目20番2号 
京王新線「初台駅」東口徒歩1分
定員15組、30人、全席自由
申し込みTOMO事務所 03−3208−0014・定員になり次第、締め切ります。

◎『新春・初笑い落語観賞会』
笑う門には、福来る。皆様お誘いあわせの上、ご参加下さい。
日時平成30年1月21日(日)14:00〜15:30 受付13:40〜
場所府中市新町文化センター 2階 大広間 電話:042−366−7611
アクセス京王線府中駅からバスで10分位
京王バス1番乗り場・国分寺駅南口行き・東芝前行き「新町文化センター」下車・武蔵小金井駅南口行き「学園通郵便局」下車徒歩5分
出演落語サークル『枠枠(すいすい)』
定員50人
参加費無料
申し込み都盲協府中支部の高橋隆行様までご連絡ください。
メールtaka0970ftk89@gmail.com 電話090−7512−4605

◎研修会、「手で見る楽しさ〜テルミの現状と課題」
手で見る触察絵本「テルミ」が発刊から200号を迎えました。
「テルミ」は、点字や触察できるイラスト、さらに、墨字(活字)も併記しているため、視覚障がいの有無に関わらず子どもたちが一緒に絵本を楽しめます。
日時 平成30年1月20日(土)14:00〜15:30
場所 東京都盲人福祉協会研修室
参加希望の方は、横田光春様 Eメール:shakai@seinenkyou.org
電話の場合は、17時以降にご連絡をして下さい。090−7153−6609

◎お薬整理キープケースのご案内
日本盲人会連合用具購買所は、お薬整理キープケースを取り扱っています。
大きさは横幅24.8cm、奥行23.3cm、高さ9.2cmで、蓋を開けると、縦7列、横4列に仕切られたスペースがあり、内寸で、横幅5.8cm、奥行2.8cm、深さ3.5cm。
縦の列は月曜日から日曜日まで、横の列はあさ・ひる・よる・ねる前と、それぞれ服用する薬を入れて管理します。
重さは約600グラム。
価格は2800円(税込)
お申し込み・お問い合わせは「日盲連用具購買所」
電話03−3200−6422、FAX03−3200−6428、
Eメール「ご注文用」yogu-c@jfb.jp、同「お問い合わせ用」yogu-toi@jfb.jpまで。

◎新年はバリアフリー上映会
平成30年1月7日(日)13:45開場 14:00〜 
『ドルフィンブルー ・フジ、もう一度宙へ』 
場 所平和台図書館 3F会議室・40席 (練馬区平和台1−36−17)
申込みカウンター 又は電話3931−9581 FAX3931−9583

平成30年1月13日(土) 13:00開場 13:30〜
『 殿、利息でござる!』
場所港区立障がい保健福祉センター(ヒューマンぷらざ)6F多目的体育室200席
主催・問い合わせ:港区心身障がい児・者団体連合会 (月・水・金)
   TEL 5439−8072  MAIL minato20@song.ocn.ne.jp
※どちらも入場無料・全席自由です。

平成30年2月号
事務局長 山口 和彦 

今年は穏やかな三が日でしたが、あっという間に正月も終わり七草を過ぎると厳しい寒さになりました。皆様如何お過ごしでしょうか。
2月22日(木)には、ガイドヘルパーの方を対象に、スキルアップ研修会を予定しております。
今年は利用者の皆様から率直なご意見を聞きながら、ガイドの方と交流をしてみませんか。 気持ちも新たに職員一同がんばります。

◎TOMO主催 平成29年度 下期スキルアップ「ガイドヘルパー研修会」のご案内
皆様は同行援護の資格の研修を受けてからどれくらいの期間が経過しましたか。
初めての研修では学ぶことが多く、個々の内容を深く把握することも難しかったのではないかと思います。
今年度最後のスキルアップ講習会は、TOMO理事長川村他、理事団が講師・ファシリテーターを担当して、同行援護技量の基礎を改めておさらいすると共に、銀行や飲食店など個々の場面における対話・コミュニケーションの取り方を学びます。また後半の意見交換では、利用者さんも交えて、日ごろの疑問や課題を出し合って事務局と意見交換します。皆様ご多用かと思いますがぜひご参加ください。

日時 平成30年2月22日 (木) 13:30〜16:00
会場 東京都盲人福祉センター2階研修室
申込・問合せ TOMO 電話03-3208-0014
定員 ガイドヘルパー 50名・利用者 20名(定員になり次第締め切り)
締め切り2月9日(金)まで
内容
・移動時の基礎のおさらい(右折、左折、いすへのガイド、段差、溝をまたぐ、他)
・個々の場面でのコミュニケーション(銀行でのお金の取り扱い、飲食店内の移動、洋服等の買い物、他)

13:00〜13:30 受付
13:30〜13:35 開会の挨拶(副理事長笹原)
13:35〜14:30 同行援護技量基礎のおさらい(理事吉本)
14:30〜14:45 休憩
14:45〜15:15 個々の場面でのコミュニケーションの取り方(理事長川村)
15:15〜15:55 日ごろの疑問、課題の意見交換
15:55〜16:00 閉会の挨拶(事務局長山口)

【利用者の方々へ】
いつもご利用いただきありがとうございます。今回上記の内容で研修会を開きます。
利用者からガイドヘルパーに伝えたいこと、事務局に伝えたいこと等がございましたら、是非この機会にご一緒に参加していただけませんか。ご連絡お待ちしております。
ガイドの方と参加される場合は、今回ガイドの方への研修なので、研修時間は利用者のガイド利用時間から割愛させて頂きます。ご了承下さい。

◎勝手に歌唱会IN TOKYO OPERA CITY
TOMOの利用者、柴谷様から「勝手に歌唱会IN TOKYO OPERA CITY」
のご招待を頂きました。
日時 30年3月7日(水)12:30開場 13:00開演 16時30分終演予定
場所 東京オペラシティ B1 リサイタルホール 新宿区西新宿3丁目20番2号
京王新線「初台駅」東口徒歩1分
定員 15組、30人 全席自由
申し込み TOMO事務所 03−3208−0014・定員になり次第、締め切ります。

◎せたがや梅まつり 梅林ガイドツアー
初春の便りを告げる、せたがや梅まつりが2月10日(土)から区立羽木公園にて開催されます。
園内は紅白650本の梅が色鮮やかに開花し週末は様々なイベントが企画されています。
なかでも24日(土)に梅林ガイドツアーが開かれます。
運営に携わるNPO世田谷区視力障がい者福祉協会ほか、関係者の方々がまつりのバリアフリーについて説明をされます。
希望者には音声版CDを無料でお渡してます。
梅林ガイドツアーの予定 平成30年2月24日(土) 
第1回 10時30分〜11時10分
第2回 12時30分〜13時10分
第3回 14時〜14時40分
問合せ 世田谷コール03-5432-3333まで
※2月24日(土)世田谷区視力障がい者福祉協会のブースで、この「TOMO(とも)からのお知らせ」を提示していただくと、梅まんじゅうやお茶などを無料でお渡し致します。

◎ラテンダンス、「サルサダンス教室」
音楽に合わせて体を動かしながら楽しい交流のひと時を過ごしませんか。
もちろん初心者でも大丈夫!講師たちがやさしく楽しく教えてくれます。
ペアダンスもできるようになるかも!
日時 平成30年2月18日(日)14時〜15時30分
講師 木住野 茂男(きしの しげお)氏(ラテンダンス教室主催)
定員 20名程度(事前予約制)
費用 無料
会場 中野区障がい者福祉会館 地下音楽室
東京都中野区沼袋二丁目40番18号 電話03−3389−2171
アクセス 西武新宿線沼袋駅から徒歩7分
中央線中野駅南口から京王バス中92系統練馬駅行き、江古田4丁目下車すぐ
問合せ・申込み 江見様 電話090−4123−3498
※駅から会場まで誘導が必要な方はお申込み時、お申し付け下さい。

平成30年3月号
事務局長 山口 和彦 

今年は例年になく寒い冬でした。風邪などで体調を崩さなかったでしょうか?時折、梅の香りが春の訪れを教えてくれます。
これから日毎に春の暖かさを感じるようになりますね。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
去る2月22日には、ガイドヘルパーの方を対象にスキルアップ研修会を開催いたしました。
今回は、利用者の方にも協力して頂き、日々感じておられることを話して頂き、有意義な意見交換ができました。
12月にガイドの養成研修も終え、新たにガイドヘルパーも増えました。
これからガイドの方と共に外出を楽しんでは如何でしょうか。

◎平成29年度 下期スキルアップ
「ガイドヘルパー研修会」を開催いたしました
「同行援護技量基礎のおさらい」を行いました。
1 右折、左折 回旋歩行時はゆっくり歩く
2 椅子へのガイド 椅子の形状を説明してしっかり手で触ってもらう
3 段差・溝をまたぐ真っすぐアプローチする(斜めに入らない) 直前で一時停止、利用者はまだ半歩距離があることに注意 停止の際は2、3歩前から滑らかに減速するとスムーズ
4ワンポイント:利用者の反対側の説明でも利用者の方を向いて説明する道に迷いかけたらゆっくり歩く(道を探そうとすると早足になるが落ち着いて行動する)

◎日点チャリティ映画会
日時 平成30年3月15日(木)19:00開演(18:30開場)21:09終演予定
場所 「なかのZERO(ゼロ)」大ホール(JR中央線・東京メトロ東西線「中野駅」南口下車、新宿方向に徒歩8分)
上映作品「この世界の片隅に」(2016年公開、日本)
料金は1500円(全席自由、当日券あり 当日券のみ小人・学生は800円(学生は学生証の提示が必要)
問い合せ・申込み:  日本点字図書館・総務課 電話03−3209−0241
第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、ある一家に嫁いだ少女と、彼女を取り巻く人々の日常をリアルに、生き生きと描いてます。
日本語吹き替え版 FM電波による視覚障がい者のための音声解説付き上映収益は視覚障がい者の読書を支えるための事業費に充てられます。

◎都盲協青年部のイベント
東京都盲人福祉協会青年部では、以下のイベントを企画しています。
是非、ガイドヘルパーの方とお出かけ下さい。

@木組み博物館の見学
木組み博物館は日本木造建築の伝統技術を伝える博物館です。
手に取って体験できる木組みを中心に、漆、土壁、錺金物、彫刻なども展示されています。
日時平成30年3月17日 (土) 14:00〜16:00
場所木組み博物館 新宿区西早稲田2-3-26ホールエイト3階(穴八幡宮隣接)
参加無料 定員15名
日程13:30 東京メトロ東西線早稲田駅2番改札集合(14時〜16時見学)
問い合せ・申込み:大川和彦さん Tel:080-5681-9852  E-mail:
tqj00070@nifty.com
14時からの30分は土曜日会館の時だけに聴ける語りが楽しめます。
演目は芥川龍之介作 『蜘蛛の糸』など。

A囲碁体験会
視覚障がい者用囲碁板を用いての、体験会を実施します。
初めて碁石に触るという方の参加を歓迎いたします。
講師 アマ4段で、(一社)視覚障がい者囲碁協会理事長の柿島 光晴氏
日時 平成30年3月17日(土)9:30〜12:00
会場(社福)日本点字図書館
問い合せ・申込み 伊藤丈人さん Tel: 090-5449-1826  E-mail: ZAP02622@nifty.ne.jp

B上手な発信で楽しいコミュニケーション
今回の講座では自分の状況や視覚障がいが、どういうことかを上手に、そして楽しく伝えていく方法などについて講義とディスカッションで楽しく考えましょう。
日時 平成30年3月21日 (祝日) 14:00〜16:00
会場 東京都障がい者福祉会館 2階教室 港区芝五丁目-18-2
アクセス JR山手線・京浜東北線 田町駅徒歩5分・三田駅A7、A8出口徒歩1分
講師 重田 雅敏 氏(全国視覚障碍教師の会)
定員 50名
問い合せ・申込み大川和彦さん Tel:080-5681-9852  E-mail: tqj00070@nifty.com

C弁護士から学ぶトラブル解消法
日頃の生活の中で、トラブルなどにあってしまった時など、どのように適切に対処すればよいかをお話いただきます。
なお個人相談会ではないので他の方に内容が聞かれてしまうことをご承知ください。
当日は、お弁当を食べながら話を聴きたいと思います。
日時 平成30年3月25日 (日) 11:00〜12:30
会場 都盲協2階研修室
講師 大胡田 誠 弁護士
参加費 無料
定員:15名程度
問い合せ・申込み:青年部宮川さん Tel: 090-2201-0511
E-mail:jj.1978@hb.tp1.jp
なお電話は、月、水、金の16時から21時30分は出られません。

平成30年4月号
事務局長 山口 和彦 

冬の寒さも過ぎ春らしい温かな季節になりました。このお知らせが届く頃には、桜も満開になっていることでしょう。
お友達やガイドの方を誘って花見を楽しまれてはいかがでしょうか? 
2月のガイドヘルパースキルアップ研修会では、同行援護の基礎に戻って大切な点を復習し、利用者の方々と意見交換をしました。
交通費など改善できるところは、できるだけ改善いたしました。
新年度にはいり、TOMOでは分室を開設し職員も増員しました。
新体制を整え更なる躍進を目指します。
引き続きご協力のほど宜しくお願いいたします。

◎TOMO 登録ガイドヘルパー 144人に感謝の賞与
平成29年度も残すところ僅になりました。
昨年、東京都に対して4月より処遇改善加算助成を申請していましたが、これが認可されましたので、ガイドヘルパーの皆様に賞与という形でお支払いすることになりました。
算定基準は、昨年4月から今年2月まで月間平均稼働時間を算定し、TOMO登録ガイドヘルパー144人に実績に基づき41000円から3000円までを3月28日に所定の口座に振り込みます。
これは、通常のガイド給与と違いますので、お間違えないようにご確認下さい。
ガイド給与は通常通り、3月30日に振り込まれます。
来年度も東京都に対して処遇改善の申請をいたしますので、皆様方の一層のご協力のほどお願いいたします。
記録票の変更について
4月より実績記録票が新しくなる予定ですが、現在帳票案がきておりますので、準備ができ次第TOMOより発送致します。
それまでは今まで通りの実績記録票をお使い下さい。

◎計画相談にTOMOをご利用下さい!!
同行援護制度を有効に活用し、利用者のQOL(生活の質)を高めるには、専門の知識を持った相談支援専門員に相談し、計画を立ててもらうのが一番です。
是非、TOMOをご利用下さい。
新たに開設した下記の分室で、ゆっくりお話を伺います。
NPO法人TOMO相談支援事業所
〒169−0075
東京都新宿区高田馬場1丁目5−21
グランメール高田馬場 502号室
TEL:03−6380−2800

◎ガイドヘルパー、利用者の交通費負担について
これまでTOMOのガイドヘルパー、ご利用者の交通費負担について、わかりにくいというご意見がありました。
そこで以下のように簡素化しました。不明な点は事務局までお問い合わせ下さい。
5月1日のご利用分より対応させて頂きます。
@ガイドヘルパーが待ち合わせの場所までの往復交通費については、500円までガイドに負担して頂きます。
Aガイドヘルパーの負担分が500円を超え1000円までの金額はTOMOが負担します。
B1000円を超える費用はご利用者に負担して頂きます。
 例:ご利用者の待ち合わせ場所までの往復交通費が、1200円の場合、ガイド500円、TOMO500円、ご利用者200円の負担になります。
C利用者が遠距離のガイドを依頼された場合は、ガイドと相談の上、算定基準駅(例えば、JR高田馬場駅など)を設定することがあります。

◎キャンセル料について
契約書に明記されていますように、予約した前日の17時までに事務所に連絡があれば、キャンセル料は発生しません。
但し、当日朝に連絡された場合は、キャンセル料はかかります。
しかし、同月内で同じガイド、同じ依頼内容を依頼するのであれば、キャンセル料はかかりません。
また、地震や降雪などで外出が不能な場合も、キャンセル料はかかりません。

◎ガイドヘルパーの更新について
これまでガイドヘルパーの皆様には毎年誕生月に更新の手続きをして頂きましたが、新年度よりTOMOと雇用契約を結んで頂くことになりました。
内容は、ほぼ同じですが、更新は3年に一回になります。
不明な点は、事務局までお問い合わせ下さい。

◎4月から事務局が一新されます
4月から新職員も加わりますので、理事長、副理事長、事務局体制をお知らせします。
TOMOの発展のため、今後ともご意見、ご要望などお寄せ頂ければ幸いです。
理事長 川村 和利(かわむら かずとし)、
副理事長 笹原 稔(ささはら みのる)、・大竹 博(おおたけ ひろし)
事務局長 山口 和彦(やまぐち かずひこ)
経理・庶務 三輪 (みわ)
サービス提供責任者 信太 (しだ)・黒元(くろもと)内藤 (ないとう)・進藤 (しんどう)・中島 (なかじま)
相談支援員 唐沢 (からさわ)

◎TOMO 支部廃止のお知らせ
大変遅れましたが、平成28年6月8日の総会で、TOMOの支部を廃止することを決議されました。
それに伴い、支部支援金が廃止になっています。会員の方々には報告が遅くなり申し訳ありませんでした。

平成30年5月号
事務局長 山口 和彦 

今年は桜の開花が早く、あっという間に若葉のきれいな季節になりました。
5月のすがすがしい季節になりましたので連休は利用者の方々もガイドさんと共に、いろいろな所に外出されては如何でしょうか。
TOMOでも4月から新年度に入って、分室を開設したり新たに職員が加わりました。
これまで以上に日常業務のサービスの向上に努めます。
前月の「TOMOからのお知らせ」で、ガイドの交通費負担が400円から500円に変更いたしましたが、ガイドヘルパーの方に気持ちよく働いて頂けますように、別添資料のように時給を上げさせて頂きました。
また、新入職員が多く不慣れな点がありご迷惑をおかけするかも知れませんが、今後ともご理解の程よろしくお願いいたします。                       

◎ガイドヘルパーのみな様へTOMOからのお願い
ヘルパー活動報告書」及び「実績記録票」の迅速な提出をお願いします!!
ゴールデンウィークが近づきました。今年は、暦の関係で5月の休みが続きます。
投函されてから到着まで2、3日かかる場合もありますので、4月の業務が終わりましたら迅速に「ヘルパー活動報告書」及び「実績記録票」を投函して頂きますようお願い致します。
5月2日(火)必着です!!
※利用者、ヘルパーの方々の印鑑の押し忘れがないように投函前に必ず確認をお願いします。
4月より報酬改正に伴い実績記録表が変更になりました。TOMOの同行援護活動報告書、居宅介護活動報告書・ガイドヘルパー交通費請求/明細書も新しくなりますのでご注意下さい。
※用紙をお間違えないようにお願いいたします※

◎ガイド、利用者の交通費負担について確認
先月の「TOMOからのお知らせ」でも告知しましたが、交通費について再通達します。
@ガイドが待ち合わせ場所に行く往復交通費について500円までは、ガイド負担
A500円を超え、1000円までの金額は、TOMO負担
B1000円を超える費用は利用者負担
※これは、利用者がガイドを指名しても、しなくても同じように適用されます。
また、利用者とガイドがあまりにも離れている場合にはTOMOと相談して頂き、交通費精算のために基準駅を設定することがあります。
ガイドが同市区町村に居住し、待ち合わせ場所までに公共交通機関を使用した場合も同様に交通費を請求できます。

◎青い鳥葉書 無償配布受付け中
日本郵便株式会社は、重度障がい者向けに「青い鳥郵便葉書」を無償で配布しています。 
受け付け期間は7月11日まで。配布される葉書は視覚障がい者にも上下・裏表が分かるように、表面左下に半円形のくぼみを入れたものがあります。
配布枚数は20枚です。
申し込みは最寄りの郵便局で身体障がい者手帳を持参し、所定の申込書に必要事項を記入して提出して下さい。
(代理人でも大丈夫です)

◎日点 レオナルド・ダ・ヴィンチ展
没後499年記念 触れて知る「レオナルド・ダ・ヴィンチ」展を日点分館で開催します。
5人以上の団体は予約が必要ですが、個人は予約不要です。
会期:平成30年4月11日(水)〜7月14日(土)※予定5名以内
開館曜日:水・金・土開館時間:10時〜15時
分館住所:東京都新宿区高田馬場2-3-14 アイブライトビル2階
電話:090-3247-7290 (トヨタレンタカー隣 1階は美容室
アクセス:JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場」駅より徒歩10分
東京メトロ副都心線「西早稲田」駅2番出口より徒歩7分

◎英語点字教室の開講
TOMOでは、英語の点字を希望者に教えるクラスを開講します。
英語点字は、縮字・略字の英語2級の基礎からはじめます。
日本語の点字を読める方ならどなたでも参加できます。
定員:3名から5名以内
会費:毎回500円(点字教材、飲み物代を含む)
場所:TOMO分室で行います。
講師:元世界盲人連合(WBU)執行委員の山口和彦
期限:5月21日(月)まで。講座は6月からはじめたいと考えています。

◎2018年度第1回視覚リハ体験会のご案内
七沢自立支援ホームでは、入所・通所により視覚障がい者に対して歩行や点字、パソコン、調理などの自立訓練サービスを提供しています。
日頃、自立訓練サービスや施設での生活に関心をお持ちの方、この機会にお誘い合わせの上、ご参加下さい。
日時:平成30年5月19日(土)9時00分〜12時20分
場所:神奈川県総合リハビリテーションセンター七沢自立支援ホーム(所在地:厚木市七沢516)
内容:施設の概要説明・見学A視覚障害者の誘導法B歩行・点字・パソコン・日常生活など、ご希望の訓練体験
対象:15歳以上の視覚障害者とその家族または同伴者(4組8名)※神奈川県以外の方も参加可能。
参加費:無料
期限:平成30年5月14日(月)まで電話で受け付け、定員になり次第締め切り。

平成30年6月号
事務局長 山口 和彦 

若葉の緑がきれいに目に映えて、すがすがしい季節でしたが、もう梅雨の声を聞くようになりました。
皆様如何お過ごしでしょうか。これからは外出の際は食中毒、熱中症など十分気をつけてお過ごし下さい。
平成30年度から障がい福祉サービスが大幅に変更されました。今年度もガイドヘルパーの方の処遇改善を進め、「働き甲斐のあるTOMO」を目指します。
コミュニケーションを密にするため、毎月定例の連絡会を企画致しました。
とくに、ガイドの方にはこれまての登録だけではなく、TOMOと雇用契約を締結することになりました。
利用者、ガイドヘルパーの皆様に最新の情報を提供して行きたいと思います。
他の事業所とは内容が違うこともありますが、ご不明な点がありましたら事務所まで遠慮なくご連絡下さい。 

ガイドヘルパーの皆様へ

◎TOMO定例連絡会
TOMOでは、ガイドヘルパーの皆様と密接に連携を図るために、定期的に連絡会を設けることにしました。毎月、第3金曜日・第4木曜日13:30分〜15:00までの定員4名です。
第1回:6月15日(金) 13:30〜15:00まで
第2回:6月28日(木)同上
第3回:7月20日(金)同上
第4回:7月26日(木)同上
場 所:TOMO分室
内 容:@実績記録表の書き方 ATOMOとの雇用契約 Bその他、意見交換
申込み:TOMO事務局に電話、あるいはメール
※毎月開きますので、ご都合のよい日時を事務局にお知らせ下さい。

◎クリナップショールームでの料理体験会
クリナップショールームには様々なしゃべる便利な調理器具などを使用した調理体験会が開催されます。
皆さんから、電子レンジを使用した簡単な料理のリクエストがありました。この機会に是非体験してみて下さい。
日 時:平成30年7月22日(日)
会 場:クリナップ新宿ショールーム
    新宿区西新宿3−2−11新宿三井ビルディング2号館1階
    Tel: 03−3342−7775
    (JR新宿駅南口から、甲州街道を立川方面徒歩約12分)
費 用:無料
問合せ:TOMOまで
※電子レンジ、炊飯器などクリナップの便利な調理器具などの見学もできます。

◎視覚障がい認定基準が変わります
厚生労働省より視覚障がいの認定基準」について、平成30年4月27日付けで、全国の都道府県等に対して変更内容の通知等がありました。
変更は平成30年7月1日からになります。
「視力障がい」の認定基準について
平成30年6月まで 両眼の視力の和で認定されていましたが、平成30年7月から 良い方の眼の視力で認定されます。
※ 日常生活は両眼開放で行っている等の理由によって、上記のように判定方法を変更しました。
「視野障がい」の認定基準について
平成30年6月まで ゴールドマン型視野計による認定基準のみでしたが、平成30年7月からゴールドマン型視野計による認定基準に加え、現在、普及している自動視野計でも認定可能になります。
平成30年6月まで2級〜4級については、視能率による損失率によって認定されていましたが、平成30年7月から視能率、損失率という用語を廃止。
視野角度、視認点数を用いてより明確な基準により認定されます。
平成30年7月1日以降に作成された診断書・意見書を添付した申請から新たな認定基準の対象になります。
視覚障がいの具体的な認定基準
【ゴールドマン型視野計】
T/4指標
・2〜4級 周辺視野角度の総和が左右眼それぞれ80度以下
・5級 両眼による視野が2分の1以上欠損
T/2指標
・2級 両眼中心視野角度28度以下
・3級 両眼中心視野角度56度以下
・5級 両眼中心視野角度56度以下
【自動視野計】
両眼開放エスターマンテスト視認点数
・2〜4級 70点以下
・5級 100点以下
10−2プログラム両眼中心視野視認点数
・2級 20点以下
・3級 40点以下
・5級 40点以下
変更内容の詳細については、「視覚障がい認定基準の手引き」が作成されています。
お住まいの区市町村にお問い合わせ下さい。

◎ロゴス文化教室(講演会)
ロゴス点字図書館の「ロゴスの文化教室(講演会)」が下記の内容で開かれます。
日 時:平成30年6月9日(土)14:00〜16:00
場 所:幼きイエス会(ニコラ・バレ)
    JR・地下鉄「四ツ谷駅」麹町口下車2分
講演テーマ:「愛のあかしを生きる〜平和と発展は愛の力で」
    カトリック東京教区菊地功大司教
参加費:1000円(資料代込み、当日支払)終了後、懇親会が有ります。(約40分)
定 員:100名(定員になり次第締め切り)
申込み先:ロゴス点字図書館 電話03−5632−4428

平成30年7月号
理事長 川村 和利

梅雨のなかで、紫陽花やバラがきれいに咲いているのを見かけます。 
また、急に夏の到来を思わせる強い陽射しにびっくりしますが、皆様お変わりなくお過しでしょうか。
先般6月7日にNPO法人TOMOの定期総会が開催されました。
平成29年度事業報告並びに決算、平成30年度事業計画及び予算、定款変更第55条公報などについて承認されました。
今後、TOMOのHPに掲載いたしますのでご覧下さい。
また今後、ガイドヘルパーの皆様と雇用契約を締結し処遇改善とサービスの充実についてしっかり進めてまいります。
これから厳しい夏の暑さを迎えますが、皆様方が気持ち良く外出ができるよう体調管理に気をつけてお過ごし下さい。

TOMO主催
◎平成30年度第1回ガイドヘルパースキルアップ研修会
皆さまは同行援護の資格の研修を受けてからどれくらいの期間が経過しましたか。
今回のスキルアップ研修会は、TOMOの理事が担当にあたり基本的なテーマでおさらいすると共に、利用者も交えて、日ごろの疑問や課題を出し合って事務局と意見交換します。
皆様ご多用かと思いますが、是非ご参加ください
日時 平成30年7月26日(木) 13:30〜15:30
会場 東京都盲人福祉センター2階研修室

研修概要
司会:山口事務局長
1.理事長挨拶 川村理事長 
2.パネルディスカッション
@愛沢理事:「いつもとちがう?と感じたら事務所に相談」
A加賀谷理事:視覚障がい者を理解するためには
B質問等 
司会:笹原副理事長
3.意見交換会
4.閉会挨拶 大竹副理事長 (15時30分終了)
尚、申し込みは、TOMO事務局 Tel: 03―3208−0014
また、昨年度ガイドヘルパーの研修会の交通費をTOMOが負担しておりましたが、今年度は自己負担とさせて頂きます。
研修会は、今後、数多く企画して行きます。
その研修会への参加状況などを考慮して、年度末に処遇改善としてお支払することに致します。

ガイドヘルパーの皆様へ
◎7月定期連絡会
6月から始めましたガイドヘルパーの方々との定期連絡会ご案内です。
第2回 平成30年6月28日(木) 13:30〜15:00 (定員4名)
第3回 平成30年7月20日(金) 13:30〜15:00 (定員4名)
場所 TOMO分室(新宿区高田馬場1−5−21グランメール高田馬場502号)
テーマ 『実績記録票の書き方』
※7月26日(木)第4回連絡会は、第1回スキルアップ研修会に変更させてて頂きます。
連絡先:TOMO事務局 TEL 03−3208−0014

重要
◎36協定のための協議
TOMOに従事しているすべてのガイドの皆様が対象です。
36協定のための協議を行います。
日時 平成30年7月20日(金) 15:00〜16:30(受付開場14:30〜)
場所 東京都盲人福祉センター2階研修室 
※添付致しました書類に詳細を記載しております。 
欠席される方は必ず「委任状」のご提出をお願い致します。
連絡先 TOMO事務局 TEL 03−3208−0014

*お詫びと訂正
「TOMOからのお知らせ5月号」で、青い鳥葉書無償配布の記事で、受け付け期間は7月11日までとありますが、すでに5月31日で終了しております。
訂正してお詫び申し上げます。